伝統文化 カンボジア旅行・その魅力

2009年10月13日

プチュン・バン




AFPによると、

『プチュン・バン(Pchum Ben)を迎えたカンボジア・カンダル(Kandal)州Vihear Sour村で19日、クメール相撲大会が開かれた。首都プノンペン(Phnom Penh)の北東50キロにあるこの村には千人以上が集まり、死者を弔う。村のお盆は、水牛レースで締めくくられる。』

とのことです。


水牛というのが日本にはいないので、

もうひとつイメージがわきませんね。


日本の和牛でレースというのは、
ないと思うのですが・・・・。

水牛は走るのがはやいのでしょうか?
posted by カボジアファン at 00:57| 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

影絵劇について

 カンボジアの代表的な伝統芸能というと影絵をあげないわけには行きません。

 日本の文楽や歌舞伎に相当する伝統芸能です。

続きを読む
ラベル:カンボジア 影絵
posted by カボジアファン at 21:40| 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド文化の受容

 インド文化は、東南アジア一帯に大きな影響をもたらしました。カンボジア(クメール)は、紀元前後からインド文化の影響を受けた港市国家として発展し、インドシナ半島南部に栄えました。海のシルクロード上の貿易上の中継地点にあたったことから、インド、中国、そしてローマ帝国とも交流があったといいます。

続きを読む
ラベル:カンボジア
posted by カボジアファン at 21:34| 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。