歴史 カンボジア旅行・その魅力

2008年04月02日

カンボジアの歴史2

 アンコール王朝(クメール王朝)は、クメール人(現在のカンボジア人)が5、6世紀ごろから版図を拡大して、9世紀にヤショーバルマン一世が巨大なヤショーダラプラという都城、(「ヤショーバルマン王の都城」)を建設したことからますます隆盛を極めていきました。

 現在のアンコール遺跡群というのは、ヤショーバルマン一世の建築以来、約550年間にわたり建築され続けてきた、都城(アンコール・トム)であるわけです。




続きを読む
ラベル:カンボジア
posted by カボジアファン at 00:00| 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

カンボジアの歴史1

 外国の、特に文化遺産、遺跡を訪問するときには、その国の歴史を少しでも知っておくと、旅が断然楽しく、興味深いものとなるものです。



続きを読む
ラベル:カンボジア
posted by カボジアファン at 21:38| 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

カンボジアの現在

 飢餓、難民、貧困、内戦、そして地雷・・・。

 カンボジアという言葉が我々に喚起するイメージは、おおむね暗いものが多いかもしれません。

 ようやく戦火が収まったとはいえ、20年間近くもこの国を舞台にして繰り広げられていた戦争は、今もなお、あまりも痛々しい傷跡を、この国のあらゆる面に残しています。

続きを読む
ラベル:カンボディア
posted by カボジアファン at 21:06| 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

カンボジアについて

 ユネスコの世界文化遺産にも登録され、「クメールの栄光」を象徴するアンコール宮殿は、世界的に貴重な遺産です。さらにカンボジアの人たちにとっては、精神的なよりどころとなっています。

 カンボジアでは、従来、国歌は、「栄えあるクメール民族俗」、国旗はアンコールワットをあしらったものを用いてきました。
続きを読む
ラベル:カンボジア
posted by カボジアファン at 20:58| 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。