プチュン・バン カンボジア旅行・その魅力

2009年10月13日

プチュン・バン




AFPによると、

『プチュン・バン(Pchum Ben)を迎えたカンボジア・カンダル(Kandal)州Vihear Sour村で19日、クメール相撲大会が開かれた。首都プノンペン(Phnom Penh)の北東50キロにあるこの村には千人以上が集まり、死者を弔う。村のお盆は、水牛レースで締めくくられる。』

とのことです。


水牛というのが日本にはいないので、

もうひとつイメージがわきませんね。


日本の和牛でレースというのは、
ないと思うのですが・・・・。

水牛は走るのがはやいのでしょうか?
posted by カボジアファン at 00:57| 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。